ゼニカルの効果と注意点

ゼニカルは高カロリーで燃焼されにくい性質を持つ脂質に特に高い効果を発揮すると言われています。ダイエット中に一番我慢しなくてはならないものに効果がありますが、注意点も押さえておいて正しく使用しましょう。

ゼニカルとダイエット中の女性

ゼニカルと油もの

ゼニカルは、食事で摂取される脂肪の吸収を阻害する脂肪吸収阻害薬に分類される肥満治療薬であり、油ものや焼肉などの脂っこい食事をした際でもこのゼニカルで肥満症治療ができるという優れものです。逆にサラダなどの脂肪分の少ない食事に対しては、効果が少ないとされています。ゼニカルは、ストレスのたまる食事制限や辛い毎日の運動などの必要が無く、食後1時間以内に服用するだけでダイエット効果が得られ、服用し続ける限りリバウンドもないダイエットサプリとして世界各国で処方されています。
ゼニカルは、食事で摂取した脂肪を腸で吸収可能な分子量の小さな脂肪酸とモノグリセリドに加水分解する消化酵素リパーゼに作用する事で、脂質の分解を抑制し摂取した脂肪の吸収を阻害する効果が期待出来、約30%の脂肪の吸収を抑制し服用から2週間程度でダイエット効果を実感出来ます。又、服用したゼニカルの薬効成分の約98%以上が3日~5日で体外に排出されるので、重篤な副作用や頻度が少ない安全性の高いダイエットサプリとして長期にわたり服用が可能とされています。
ゼニカルは、摂取した脂肪をそのまま便として排泄する為、排便が脂肪を多量に含み油状の便となり無意識のうち漏れ出したり、放屁と勘違いして排便するなど便意のセルフコントロールがし難くなる下痢症状の副作用があります。下痢症状の副作用は、服用開始から3カ月程度見られ、1週間~4週間で頻度が少なくなります。又、排泄される脂肪とともに脂溶性ビタミンやミネラルも一緒に排泄される副作用もあります。その為、ゼニカルの効果が及ばないゼニカル服用後から2時間以上の間隔をあけて、マルチビタミンやミネラルなどのサプリメントで不足する栄養素を補う必要がありますが、安全性の高いダイエットサプリなので、油ものなどの脂っこい食事の際には服用したいダイエットサプリです。